NO NAME

ArchLinux / Vim / Laravel / etc...

PhalconPHP Install on ArchLinux

PhalconPHP

自分の中でLaravelと同様に勉強したいのがPhalconPHP。 自分が勉強したいPHPフレームワークの一つ。 このPhalconPHPはライブラリがC言語で書かれていて、かなり高速なWebページを開発することが可能になる。 数あるPHPフレームワークの中でダントツで速いのがPhalconPHP。 またファイルの構成においてもかなりの自由度があるので自分でゴリゴリ書いていきたい人におすすめできるフレームワーク。 ただ、C言語で書かれた部分に関してはなかなかいじれないのでデメリットとなる。

そして中二病をこじらせるようなネーミングが魅力的。 ファイルの拡張子も.volt、ボルトとかかっこよい!!!!

PhalconPHPのインストール

MacOSやWindowsOSでのインストールは環境変数の設定が必要になるので若干面倒臭い。 ArchLinuxにおいてはAURパッケージに出ているのでAURをインストールするだけで終わる。

$ yaourt -S phalcon-devtools php-phalcon

動作確認

$ phalcon
$ phalcon create-project app --enable-webtools

devtoolsはPhalconPHPを視覚的に開発するのに役立つツール。 入れておくのをお勧めする。

もし、プロジェクトを作ったあとにdevtoolsを使いたければ以下のコマンド

$ phalcon webtools enable --directory=ディレクトリのパス

Command

Available commands:
  info             (alias of: i)
  commands         (alias of: list, enumerate)
  controller       (alias of: create-controller)
  module           (alias of: create-module)
  model            (alias of: create-model)
  all-models       (alias of: create-all-models)
  project          (alias of: create-project)
  scaffold         (alias of: create-scaffold)
  migration        (alias of: create-migration)
  webtools         (alias of: create-webtools)
  serve            (alias of: server)
  console          (alias of: shell, psysh)

Projectの作成

$ phalcon project app

ファイル構造

Phalcon はアプリケーション開発において特定のファイル構造を強制しません。Phalcon は疎結合になっているため、あなたのやりやすいファイル構造でアプリケーションを実装することができます。 このチュートリアルの出発点として、次のような構造にしてみましょう。

tutorial/
  app/
    controllers/
    models/
    views/
  public/
    css/
    img/
    js/

Bootstrap

あなたが最初に作成する必要のあるファイルは bootstrap ファイルです。このファイルはとても重要であり、アプリケーションのベースとなり、すべての側面をコントロールすることを可能にします。このファイルでは、コンポーネントの初期化だけでなく、アプリケ>$ 結局のところ、下記の3つを行う事になります。 * オートローダの設定 * 依存性の管理 *リクエストの対処

DIコンテナとは、

アプリケーションにDI(Dependency Injection: 依存性注入)機能を提供するフレームワーク。 依存性注入とはソフトウェアのうち、外部の環境などに依存する部分(データへのアクセスなど)を切り離し、 ソフトウェアの外部から提供できるようにするという考え方。

PHP DI DI・DIコンテナ、ちゃんと理解出来てる・・?

$ php -S localhost:8000 -t ./public

もし「Volt directory can't be written」と表示されたら? これは、app/cache の書き込み権限による問題。

$ chmod 777 app/cache

PhalconPHPはキャッシュで読み込んだりするので、デザイン編集などをやっていてHTMLやCSSがうまく変更されないときがある。 そいうったときは一度このフォルダのキャッシュを削除するとよい。

$ rm app/chache *.php

以上。おわり。

Install Skype on ArchLinux

SkypeをArcLinuxにインストールする git上にパッケージがあるのでダウンロードしてくる必要がある

$ cd ~/Downloads
$ git clone https://aur.archlinux.org/skypeforlinux-stable-bin.git
$ cd skypeforlinux-stable-bin
$ makepkg -si

Java Install on ArchLinux

学校の課題でJavaの勉強をしなければいけないようなので、ArchLinuxにJava環境を整えることにした。 といっても他のOSに比べて環境の準備は敷居が低いようですぐに用意できる。

$ sudo pacman -S java-runtime-common java-environment-common
$ yaourt -S jdk

実行環境の設定

getコマンドで今使ってるJavaのバージョン(未設定なので何もない)を確認する 次にstatusで入ってるJava環境の確認(Java-10-jdlをインストール済み) 最後にsetコマンドでJava-10-jdlをデフォルトに設定

$ archlinux-java get

$ archlinux-java status
Available Java environments:
  java-10-jdk
No Java environment set as default
$ sudo archlinux-java set java-10-jdk

Android Studio

Javaを使ってネイティブのAndoroidアプリの開発を行いたいのでAndroid Studioの導入を行う。

$ yaourt -S android-studio

android-studio

Change to timezone on ArchLinux

タイムゾーンの変更を行う

ハードウェアクロックが何時なのかを確認。

$ hwclock --show

タイムゾーンが現在どこに設定されているのかを確認する。

$ sudo timedatectl status

タイムゾーンのリストを確認して、自分が設定したい地域を確認。

$ timedatectl list-timezones

カナダのバンクーバー時間に設定した場合

# example
# $ timedatectl set-timezone Zone/SubZone
$ timedatectl set-timezone America/Vancouver

再度確認して変わっていればOK

$ hwclock --show

参考リンク Time zone

以上。終わり。

Login count limit and error time on Laravel

Laravelでログインエラーの回数制限とログインできなかった場合、再びログインできるようになるまでの時間を指定する方法

$ vim app/Http/Controllers/Auth/LoginController.php

以下の2つの変数を定義することによって可能

protected $maxAttempts = 2; // Number of login trials
protected $decayMinutes = 10; // Login lock time

Fcitx install on ArchLinux

ArchLinuxに日本語環境を入れる手順の備忘録 現在、日本にいないため英語の勉強も兼ねて、日本語環境を入れていなかった。 しかしながら、日本語で英語を調べたりすることもあり。 結果的に日本語環境を入れることにした。 今回はインストール後を前提としています。

まずやることとしては、日本語の入力を行えるようにすること。

$ sudo /etc/locale.gen

ja_JP.UTF-8.UTF-8のコメントアウトを外す。

$ sudo local-gen

を実行。

日本語入力メソッドと日本語に対応したフォントのインストール

$ sudo  pacman -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc
$ sudo pacman -S otf-ipafont

.xprofileファイルの設定

$ nano ~/.xprofile

以下をexecよりも前に書く。

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”

最後にこのコマンドを打って終了

$ fcitx-autostart

以上。これで日本語入力の環境を準備できた。 再起動、もしくはログアウトして確認する。

もし、インターフェースなどの全面的な日本語化を行いたい場合は以下の手順。

$ sudo nano /etc/locale.gen
en_US.UTF-8.UTF8
ja_JP.UTF-8.UTF-8

Scale change for Xfce4

xfce4を入れてから初期設定では画面がのスケールが全体的に小さくてフォントなどが見辛かった。 そこで画面全体のスケールを変更することにした。

xfce4は以下の手順で変更が可能。 Settings Manager → Appearance → Fonts, and change the DPI parameter. VAIO S11は120くらいが丁度いい。

以下引用

Xfce

Go to Settings Manager → Appearance → Fonts, and change the DPI parameter. The value of 180 or 192 seems to work well on Retina screens. To get a more precise number, you can use xdpyinfo | grep resolution, and then double it.

To enlarge icons in system tray, right-click on it (aim for empty space / top pixels / bottom pixels, so that you will not activate icons themselves) → “Properties” → set “Maximum icon size” to 32, 48 or 64.

HiDPI