NO NAME

ArchLinux / Vim / Laravel / etc...

Use Volt Engine on PhalconPHP

Voltエンジンを使用する方法 Diの中のViewの定義にvoltエンジンを登録することで使用できる

// Setup the view component $di->set(``` 'view', function () { $view = new View(); $view->setViewsDir(APP_PATH . '/views/'); $view->registerEngines( array( ".volt" => 'Phalcon\Mvc\View\Engine\Volt' ) ); return $view; } );

この設定で使用することが可能
デフォルトの設定だとキャッシュファイルが.voltと同じ階層に生成されるようになる
その場合開発を進めていく上で各ディレクトリに生成されるキャッシュファイルを、更新されるたびに削除していかなければならなくなる
そこでこのキャッシュファイルをcacheフォルダにひとまとめにしてしまい、更新があれば削除コマンドを打ってすべてキャッシュをすべてクリアできるようにする

use Phalcon\Mvc\View\Engine\Volt; use Phalcon\Mvc\View\Engine\Php as PhpEngine; define('BASE_PATH', dirname(DIR));

// Setup the view component $di->set( 'view', function () { $view = new View(); $view->setViewsDir(APP_PATH . '/views/'); $view->registerEngines( [ '.volt' => function ($view, $di) { $volt = new Volt($view, $di); $volt->setOptions(array( 'compiledPath' => BASE_PATH . '/cache/', 'stat' => true, 'compileAlways' => true )); return $volt; }, '.phtml' => PhpEngine::class ] ); return $view; } );

書き込みができるようにするため権限の変更を行う

$ chmod 777 cache

キャッシュファイルをまとめて削除する

$ cd cache $ rm *.php